Skip to content

法人携帯スマホ、タブレットはwi-fiと一緒にレンタルがおすすめ

いまやスマホやタブレットは、生活の必需品といってもよいほどの普及率を見せています。ちょっとしたお出かけのみならず、会社間での取引や知り合い同士でのやりとりにおいても、スマホやタブレットは欠かせません。

そして、スマホやタブレットをフル活用するためには、wifi環境が不可欠。もちろんwifiがなくてもスマホやタブレットを使用すること自体はできるのですが、wifiなしで通信を行っていては、定められている通信量をすぐにオーバーしてしまうことは想像に難くないでしょう。

「でも、プロバイダの契約とか面倒くさいし、毎日使うわけじゃないし……」「社員にスマホを持たせたいけど、使用頻度が高くないのにムダな月額費用を払いたくない」といったお悩みを持つ方には、レンタルサービスがおすすめです。レンタルであればwifiやスマホ、タブレットを簡単にそろえることが可能ですし、何よりたくさんのメリットがあるのでとてもお得なんです。節約しながらスマホやタブレットを使いたい方、そして企業用の端末を確保したい法人所属の方は、是非レンタルをご検討ください。

wifi
レンタル

人気のモバイルwifi端末レンタルサービスを行っている業者に関してのランキングです。高度情報化社会ともいえる現代において、wifiを経由したやりとりはなくてはならないものとなりました。仕事上でのファイル受け渡しやスカイプ、チャットワークでのWeb会議といったビジネス目的のみならず、動画視聴やネットサーフィンといったエンタメ目的の用途まで、あらゆる使い方が可能なwifi端末をレンタルしてくれる業者を、このサイトでは3つ紹介しています。この中に、あなたの目的に合ったサービスプランを提供してくれる会社が必ずあるはず! 一通りその内容を比較した上で、実際に問い合わせを行ってみることをおすすめいたします。


スマホ
レンタル

スマートフォン、すなわちスマホの使用率はいまやガラケー(フィーチャーフォン)の普及率を上回り、今後さらなる発展が予想されます。企業も消費者のスマホ使用を前提としたサービスや商品の提供へと本格的に取り組んでおり、スマホは持っていて当然の必需品とすらいえるほどの存在となってします。そんなスマホを賢く効率的に、リーズナブルに利用するのであれば、レンタルサービスに関して押さえておいた方がよいでしょう。万が一のスマホ紛失や、企業イベント用端末の一時調達、果ては旅行先でのツール確保に、レンタルサービスの存在は非常に重要です。あなたのスマホライフをサポートしてくれる人気のレンタル業者を、このサイトでは3社紹介いたします。


タブレット
レンタル

動画視聴にアプリゲームのプレイ、そして業務用ツールの操作や為替情報国際情勢のチェックなど、幅広い用途を誇るタブレットは、ビジネスマンにも趣味人にも欠かすことのできない必須アイテムとなっています。スマホと異なり大画面なので、目が疲れず見やすいということもまたメリットのひとつといえますね。そんなタブレット、単価も高いし月額通信費も必要になってきますので、個人での所有はちょっとばかり大変です。でも、そんなときに役立つのが、タブレットのレンタルサービス。面倒な契約手続きや月額料金の支払いに煩わされることなく、好きなときに好きなだけタブレットを使用することができます。今の時代、レンタルタブレットを使いこなすことが、よりよい情報ライフを制する近道といえるでしょう。


よく読まれている記事

私がこのサイトを立ち上げた理由



はじめまして、私の名前はMIKI。都内のメーカーにて広報部プロモーション課に勤務しています。私の会社では展示会やイベントなどでしばしばレンタル端末を使用していました。ある日、より経費と効率を理想的なものとするために、新たに業者選びを一から見直すこととしたのですが、これがなかなか大変でした。

初めのうちはただ単にレンタル料の安さだけで選んでいたのですが、これが実は大間違い。スマホ、携帯電話、タブレットやwifiのレンタル会社と一口に言っても、会社ごとにかなりの違いがあったのです。発注の仕方や返却の方法、そのほか細かなルールや取り決めまで、会社によって様々。たとえ値段が同じところを選んでも、その内容とメリットが大きくことなるということが業者選びの過程で分かってきました。

もし値段だけが安く、サービス内容のひどい会社を選んでしまってはイベントの進行に大きな悪影響を及ぼしかねません。そのため、口コミの内容やサービスの形態について詳細な比較を行っているサイトを探したのですが、これが見つかりませんでした。仕方がないので、ネットだけではなく電話やメールでの問い合わせ、資料請求といった方法も含めて徹底的に各レンタル業者をリサーチ。その結果、私の会社に理想的な業者から端末をレンタルすることができ、直近のイベントは無事成功。おかげで私はレンタルスマホやレンタルタブレットについて上司よりも詳しくなってしまい、今では同僚からプライベート旅行で使うためにどのような業者からレンタルをすればいいのかということを訊かれるほどになりました。いわば、社内のレンタル端末アドバイザーといったところですね。

私と同じように会社の用事や個人的な事情によってスマホやタブレット、wifiのレンタル業者選びが必要となった方をサポートするため、このサイトを立ち上げました。サイト内に掲載されている情報は、すべて私がさまざまな方法によって集めたものです。このサイト内の情報が絶対的に正しいというわけではありませんが、情報端末レンタル業者探しに苦戦しているみなさまのお役に少しでも立つことができれば、とてもうれしく思います。どうぞごゆっくりご覧になっていってくださいませ。

wifi・スマホ・タブレットレンタルのおすすめ業者情報一覧

さて、本サイトではおすすめのwifi・スマホ・タブレットレンタルの業者をそれぞれ比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気のレンタル業者で、サポートにも力を入れている会社ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各レンタル業者の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

まずはwifiレンタルのおすすめ業者一覧です。

イメージ1
2
3
会社名どこでもネットNETAGEwifiレンタルどっとこむ
特徴法人専用サポートがある1日40円、上限400円で安心補償サービスを利用できるコンビニ受取が可能
取扱キャリアdocomo、Y!mobile、Softbank、au、WiMAXdocomo、Y!mobile、Softbank、audocomo、Y!mobile、Softbank,au、Uqmobile
受取方法宅配受取・空港受取宅配受取・店頭受取・
当日バイク便
宅配受取・空港受取・コンビニ受取
返却方法郵便ポスト返却郵便ポスト返却・宅配返却宅配返却・空港カウンター返却
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

取扱いキャリアや受取、返却方法に違いが見えます。
続いてスマホレンタルのおすすめ業者一覧です。

イメージ1
2
3
会社名ジャパン・エモーションリモートテストキットエクスモバイル
特徴政府関連組織、自治体、官公庁、各国大使館、大手企業へのレンタル実績が豊富最低利用期間3ヶ月と、長期利用が前提空港での受け取りや、申し込み当日のバイク便での配送も可能
レンタル端末iPhone、Android各種
※予備充電アダプタなどの機器オプション、グループ内通話などのサービスオプションあり
iPhone、Android各種
※一部機種の利用はオプションメニューの申込みが必要
iPhone、Android各種
※HDMIケーブルなどの機器オプションもあり
レンタル期間1日からレンタル可能3ヶ月からレンタル可能1日からレンタル可能
サポート法人専任スタッフが対応(電話・メール)問い合わせフォームにて対応(電話非対応)問い合わせフォーム、電話にて対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

レンタル端末の種類は各社ともそこまで違いはありませんが、オプションとしてつけられる周辺機器やサービスに差があります。
最後にタブレットレンタルのおすすめ業者一覧です。

イメージ1
2
3
会社名タブレン
横川レンタ・リースジャパン・エモーション
特徴主要都市であれば翌日発送も可能
「ipadスターターレンタルプラン」が便利
政府関連組織、自治体、官公庁、各国大使館、大手企業へのレンタル実績が豊富
レンタル端末
Apple、Microsoft、Lenovo、HP、Panasonic、ASUS
Apple、HPI、Microsoft、Logitec
Apple、富士通、HUAWEI、SONY、SAMSUNG
レンタル期間最短5日からレンタル可能1週間からレンタル可能
1日からレンタル可能
サポート・故障時の代替品の発送
・終了時のデータ消去サービス(消去作業完了証明書付き)

カスタマサポートセンター(電話・メール)にて対応
法人専任スタッフが対応(電話・メール)
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

レンタル可能期間やサポートに差があることが分かります。

いかがだったでしょうか。
wifi・スマホ・タブレットいずれのレンタル業者もおすすめを厳選したので、どれも魅力的な業者ばかりですが、一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

どの機器をレンタルするにもまず注目すべきは、レンタル期間や料金といったところでしょう。(この点に関しては後述いたします)

また、おすすめのレンタル業者として、取扱商品が充実しているのは大前提ですが、周辺機器などのオプションサービスや補償内容にも違いが見えます。自分の希望や目的をよく検討し、最適なレンタルプランを提供してくれるレンタル業者を選びましょう。

あえてスマホやタブレット、wifiをレンタルするメリットとは?

このサイトをご覧になっている方の中には、まだスマホや携帯電話、タブレット、wifi端末のレンタルサービスを利用した経験がないという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合、「知り合いから勧められはしたけれども、わざわざスマホやタブレットをレンタルする必要性がいまひとつ感じられない」と考えることもあるかと思われます。ここで、通信機器レンタルのメリットについて改めて解説しておきましょう。

スマホや携帯電話、タブレットをレンタルする第一のメリットは、料金を安く抑えることができるということです。たとえば、とある数日だけスマホやタブレット、携帯電話、ポケットwifiが必要になったとしても、新たに購入してプロバイダと契約を行えば、数万円以上の出費となってしまいます。しかし、レンタルサービスを利用すれば、その日分の利用料だけを払えばよいので、大幅に出費を節約できるというわけです。

また、時間の節約も可能です。現状、一からスマホやタブレットを利用するための手続きには、端末を購入する手間や設定の変更時間を含めれば数日かかってしまうことがあります。しかし、レンタルサービスは迅速に端末が使えるようシステムが整えられているので、業者によっては申し込んだ翌日に使える状態となって発送されてきます。ですので、使用予定日までに時間がない状態であっても、すぐさま使用が可能となるのです。

さらにちょっと変わったメリットとしては、レンタル端末の「お試し」ができるというのもあります。この機種を使ってみたいけど、自分に合っているかどうかわからないときは、ひとまずレンタルをして数日間使ってみればよいのです。レンタルした結果「自分に合わない」と分かっても、数万円出して購入するのと比較すれば大した出費にはなりません。レンタルであれば、人気機種も比較的利用しやすくなっているので、購入前の体験としての利用はかなりおすすめしたいところです。

そのほか、自分のスマホを旅行先に持っていきたくないときや、トラブルによって一時的に端末が使えなくなってしまったときなど、レンタルサービスはあらゆる局面において有効活用することができます。

スマホ、タブレット、携帯電話、wifiレンタル業者の選び方とは?

スマホ、タブレットや携帯電話、そしてwifi端末をレンタルするとなった場合、どのような業者選びを行えばよいのでしょうか。ここでは、いくつかのポイントについて解説していきます。

まず一つ目は、レンタル可能となっている端末の種類です。借りられる端末は多いにこしたことがありませんし、できる限り最新機種である方がなにかと便利です。HP上のラインナップをチェックするようにしましょう。

二つ目としては、レンタル可能な日数です。短い期間に限った使用であれば、わずか1日だけでも借りられるプランが備わっていた方がよいでしょうし、長期にわたってレンタルするのであればそれに応じたサービスが受けられるところを選ぶべきです。

三つ目として、「料金が明確かどうか」という点です。会社によっては、ホームページに料金提示なく、とりあえず「無料で見積もりします」というケースも少なからずあるようです。
もちろん、大口利用なのであれば、見積もりは必要になるでしょう。ただし、「数台しか使わない」「見積もりを出している時間がなく、急いでいるから価格を知りたい」という依頼者なら、料金が提示されていた方が予約も取りやすいです。
ただし、料金表示にも注意が必要で、実機1台分のレンタル料金が他より安く提示されていた場合でも、よく見たらレンタル料金に基本料金が加算されていることがあるようです。
プラン内で利用できるオプションも重要で、一見利用料金が安く見えたとしても、実際は基本料金や端末の設定料金が別途請求されるスマホ、タブレット、携帯得電話やWifiのレンタルショップも存在します。

また、wifiをレンタルする際、料金以外でも唯一の大きな差別化ポイントは、取り扱っているルーター端末によります。端末によって対応している回線がちがうため、通信制限や利用可能エリアは大き異なってきます。

回線は大きく「WiMAX系」と「LTE系」のふたつに分けられます。それぞれメリットデメリットがあります。

「WiMAX系」のメリットは、通信制限時でも通信速度が速い点です。通信速度ってスマホ使用者にとっては本当に重要ですよね。
デメリットは、山間部や室内では繋がりづらい点です。山間部や室内で使用する予定がなければ特に気にならないでしょう。

「LTE系」のメリットは、カバーエリアが広い点です。山間部であったり、室内でも比較的繋がりやすいので、広範囲で端末を使用する予定がある方には適しているでしょう。
デメリットは、低速時の通信速度が遅くなる点です。そこまで膨大にデータを使用しないということであれば気にする必要はありません。

こうした点に気を配ってレンタル業者選びを行えば、よりよい通信機器の利用が可能となるでしょう。

wifiレンタルは大容量がお得か?

wifiレンタルは大容量がお得か?

子供からお年寄りまで幅広い世代が利用しているインターネット。
授業でもインターネットの利用方法を教えるほど、利用するのは当たり前となっています。
また家で利用する際にネット回線を引いて利用しているかと思いますが、以前の無線ランはパソコン1台につき1回線でした。
しかし、今はWi-Fiルーターを使用すれば1台で3台以上の周辺機器と接続できる為、家族が同時に接続しても快適なインターネット環境を保つことが出来ます。
このWi-Fiを契約するにあたり、容量を選んで契約をしますがその中でも特にたくさん利用できる大容量プランは果たしてお得なのでしょうか?

大容量プランを契約すればこんなことが出来ます

〇大容量プランとは

1日500MB使えるプランのことです。
500MBというと1GBの半分なので、とにかくSNSやLINEなどを利用して画像をたくさんアップしたいという方や、海外出張や営業など外でもたくさんメールやインターネットを利用したい、アプリをとにかく快適に利用したいという方にお勧めです。
ちなみに多くの人が1日どれくらいの通信量を利用しているのかというと、メールやインターネットにSNSやアプリなどを使ったとしても1日100MBほどです。
なので、1日500MB使えるということが、どれほど大容量なのかはわかるかと思います。

では、この大容量の500MB、一体どんな使い方ができるのでしょう?

例えば元々仕事柄インターネット検索からメールにSNSを使い込んでいるという人なら、1日の平均100MBを軽々超えてしまうのでこの500MBを一人で使うプラン。
500MBを家族や友人と分け合って利用することもできます。
例えば友人3人でこの500MBの大容量プランを分け合うとします。
1日のレンタル料金が400円だとしても3人で分ければ約133円なのでかなりお得に利用できます。
1台につき3台以上の機器と契約できるので、寮生活中やシェアハウスで一緒に暮らしている仲間と分け合うこともできます。

自由な使い方でお得に楽しくネットを楽しめます

通常1人で楽しむなら、大容量ではないプランのほうがお得ですが、仕事で長い時間インターネットやメールを利用することが多いという人や、仲のいい友人と分け合ってお得に利用したいなら大容量プランが断然お得です。
節約効果も大きいうえ、通信速度を気にせず使う事ができ、一人一人にあった使い方を選ぶことが出来るからです。
これからWi-Fiをレンタルする際に通常のプランか大容量で悩んでいるなら大容量が断然お得です。

おすすめサイト

1,ボイスノートマガジン

インターネット調査を通して、さまざまなジャンルの面白い記事を読むことができるリサーチマガジンです。あなたの常識は実は少数派かもしれませんよ!

2,人気のパーソナルトレーニングジムまとめはこちら

全国に多数あるパーソナルトレーニングジムの口コミや評判を徹底調査しているサイトです。ジム選びで迷っている方は参考にしてみてください。