Skip to content

タブレットのレンタルの予約をキャンセルした際にはキャンセル料が発生する?

タブレットのレンタルを予約したけれど、不要になったから取り消したくなるという場合があります。

この際に違約金の支払いは求められるのでしょうか。

どのような条件ならどの程度の費用を負担すれば良いのかを確認しておきましょう。

違約金を求められるのが業界標準

予約をしたのにキャンセルするとなると費用が発生するのが一般的です。

タブレットのレンタル業界でも違約金を請求するのが標準的になっています。

業者としては予約に合わせて適切な状態にセットアップした端末を準備しておかなければなりません。

端末の確保にかかる費用だけでなく、ソフトウェアなどのインストールのオプションを指定している場合には発送前に仕上げておく必要があります。

もし予約を取り消されてしまうと、端末が無駄になるだけでなく、セットアップにかかった人件費も負担になってしまうのは明らかです。

場合によっては既に端末を発送してしまっていて宅配料金を負担していることもあるでしょう。

このようなときに業者が損失を作らないためには違約金を設定する必要があるのです。

支払いが必要になる条件は業者によって異なる

いつまでなら予約を取り消しても支払いが必要ないか、支払いが必要なときにいくら払わなければならないかは業者によって異なります。

当日連絡をした場合には全額請求され、前日でも料金の50%程度は請求されるのが通例です。

数日前までは定額で1500円前後を申し受けるという形にし、当日なら全額請求にするパターンもあります。

本体については前日までなら費用がかからないものの、オプションについては数日前まで100%の請求をするという業者もあります。

また、予約完了通知が届くまでは無料だけれど、それ以降は費用が発生するというケースもあるので十分に確認した上で申し込むことが大切です。

連絡手段も確認しておくことが大切

いざ予約を取り消さなければならないとなったときに、連絡手段がわからなくて日付が変わってしまったとなると、費用を余計にかけてしまうことにあるリスクがあります。

キャンセルする可能性が少しでもあるならすぐに連絡できるように準備しておくのが大切です。

電話、メール、ウェブフォームが代表的な方法なので、どれに対応しているかを調べておきましょう。

まとめ

タブレットのレンタル予約をしたけれど、不要になってしまったというときには速やかに連絡して取り消すことが大切です。

借りる日が近づくほど違約金を払わなければならない可能性が高くなります

予め連絡方法も確認して、取りやめたいときにはすぐに連絡できるようにしておきましょう。