Skip to content

レンタルしたタブレットは通信制限になったりする?

最近はインターネットが屋外でも使用可能な環境になってきたので、日本だけでなく世界各地でネットをしながら旅などをしている人を多く見かけます。

しかし外国でネットをしようとすれば自分自身が所有しているスマホなどで普通に閲覧していると外国の回線を使用してしまうので日本国内よりも非常に割高になってしまいます。

 

外国でインターネット使うとすればこれを借りなければ!

外国に滞在中に自分自身のスマホなどで普通にインターネットを使用した場合、国際回線扱いとなってしまってとんでもない料金が後日請求されてしまいます。

そのため別の手段を模索しなければならず、解決する方法の1つが公衆無線LANサービスを利用することです。

これだと確実に利用料金が無料なのでコストパフォーマンスとすれば一番お得です。

しかし誰でも同じパスワードあるいはパスワードなしで入れるのでセキュリティー面で不安を抱えてしまいます。

また街中から外れると公衆無線LANの整備されてないエリアもあるのでどこでも使用というわけにはいきません。

外国のどこへいても使用可能にできる別の方法はタブレットをレンタルする方法です。

 

スマホよりも画面大きくパソコンよりも扱いやすい

実際に外国旅行者やビジネス出張者などを相手にタブレットをレンタルしている業者さんはたくさんありまして、検索すればそれらの業者を容易に見つけることができます。

これらのサービス利用のメリットはWIFI端末だけを貸し出してくれるサービスと比較すると、自分の所有端末にWIFI端末を接続する手間を省けること、移動中にその接続したWIFI端末を気にしないでいいことです。

そして利用するときは、使用可能にするためのパスワード入れるだけで現地で使用可能になります。

ただし料金プランなどは国ごとに違っているために、渡航先の国に合わせたプランを選ぶようにしなければなりません。

多くの業者では端末の受取先と返却先は利用する空港のカウンターで済ませることが可能です。

そのため自宅で受け取りする手間を省くことができます。

 

使いすぎないように常に気を付けること

ここでレンタルしたタブレットを使用する場合に注意することは常に使いすぎないようにすることです。

ほとんどの料金プランでは通信容量の上限が設定されています。

通信容量の上限を超えてしまうと通信制限が自動的にかかってしまうようになっています。

上限を超えてしまわないようにするためには、大容量の動画や音声を閲覧しないようにすること、ゲームをしないようにすることです。

さらセキュリティソフトやプラウザなど別の何かのソフトが自動アップデート更新しないように自動更新の設定をオフにすることも必要です。

ただし万が一に通信容量の上限を超えてしまったとしても、直ちに閲覧端末が使用不可能になることはほとんどありません。

たいていの業者のサービスでは上限を超えてしまったとしても通信速度が低下してしまうだけで閲覧そのものが不可能になることはありません

 

このサービスでプランの通信容量の上限を超えてしまわないようにするためには、動画や音声やゲームなどの閲覧視聴をなるべく行わないようにしましょう。

また、自動アップデート更新してしまいそうなソフトの設定をオフにしてしまうなどの、渡航前の事前対策が欠かせません。