Skip to content

タブレットレンタルの設定は簡単にできる?

タブレットを購入すると、色々な設定が必要です。

例えば請求料金の関係で、通信に関する設定が必要な事もあります。

その他にも自動更新もありますが、レンタル品はその作業が不要になるメリットがあります。

 

通信や更新などをオフにする必要がある

海外でタブレットを使用する場合は、一部の通信をオフにする必要があります。

その機器を買ったばかりの頃は、たいてい通信がオンになっています。

そのままの状態で海外のWEBに接続すると、海外の通信業者に自動接続されて、料金が高くついてしまう事が多いです。

それでは困りますから、まずは通信をオフにしなければなりません。

操作自体は複雑ではありませんが、慣れていないとタップする場所が分かりづらいです。

また、モバイル機器を使用するなら、もちろんアプリも利用するでしょう。

そのアプリに新しいバージョンが登場すると、更新しなければなりません。

初期状態では、たいてい自動アップデートがオンになっています。

そのままではデータの使用量が大きくなってしまうので、オフにしておく必要があります。

更に同期です。

同期をオフにしておかないと、データの使用量も多くなってしまいますから、注意が必要です。

 

最初からオフになっているのですぐ使える

ですからタブレットやスマホなどのモバイル機器を買うと、上述のように色々な箇所をオフにしなければなりません。

慣れていないと、やや面倒だと感じられる事がありますが、それは製品を「買う」時の話です。

借りる場合は、その限りではありません。

海外旅行や出張に行く方々は、しばしばレンタル品を活用しています。

つまりモバイル機器を借りる訳ですが、上述のような面倒な作業は原則不要です。

現にある業者の場合は、すぐに海外で利用できるように、色々な箇所がオフの状態になっています。

借りる本人が、わざわざオフにする必要はありません。

面倒な作業を行わなくても、すぐに使えるようになっている訳です。

 

業者によってはサポートしてくれる

また業者によっては、設定に関するサポートのサービスがあります。

教育業界などでは、そのモバイル機器を借りたいというニーズも多いですが、たいてい業者が丁寧にサポートしてくれます。

今までモバイル機器を使った事が無くても、すぐに使えるようサポートしてくれます。

 

レンタルのタブレットは、全般的に面倒な設定は不要です。

すでにオフになっている製品が手渡されますから、わざわざ自分で作業を行う必要はありません。

業者によっては丁寧にサポートしてくれますし、スムーズに利用できるようになっています。