Skip to content

wifiをレンタルした際の注意点とは?

wifiをレンタルした際の注意点とは?

wifiをレンタルして使用しているときに思わぬトラブルに出くわしてしまうことがあります。
使うときには何に気を付けたら良いのでしょうか。
初めて使う人が心得ておきたいことを一通り理解して、困った状況に陥らないようにしましょう。

 

通信エリアや容量制限に注意が必要

wifiを持ち歩いていて突然通信が途切れてしまうというのはよくあるトラブルです。
出張などの目的でwifiをレンタルしたときには特に気をつけならなければならないのが通信エリアです。
wifiの種類によって対応しているエリアが異なり、対応していないエリアに入ってしまうと通信が途切れます。
レンタルする時点で行き先をよく考えて借りることが大切です。
また、通信容量についても意識が足りないことがあります。
1日あたりの通信量で制限がかかっていることが多いため、うっかり使い過ぎた日があるとその日はもう低速でしか通信できなくなります。
会社によっては追加料金で高速通信ができるようになるサービスもあるので確認しておきましょう。

 

バッテリーの充電には十分に気を払うのが大切

wifiをあまり使った経験がない人が外出用にレンタルしたときにはバッテリーに注意しましょう。
機種によってバッテリーがどれだけ続くかはかなり違いがありますが、少し古い型のものを選んでしまい、使いっぱなしにしてしまうと数時間でバッテリーが切れてしまいます。
こまめに充電しておくようにするのが大切で、必要に応じてモバイルバッテリーも持って行くようにしましょう。
スマートフォンのようにフル充電にすれば1日以上は大丈夫というわけではないので、必要のないときには電源を切るようにするのも重要です。

 

レンタル期間の設定の仕方を確認するのが大切

レンタルしたときに気を付けておきたいのが期間の設定です。
レンタル会社によってレンタル期間の設定が異なり、何日間と決めて借りる仕組みの会社もあれば、借りた日数だけ料金を支払うという会社もあります。
後者の場合に返却を忘れてしまうと膨大な請求金額になってしまうこともあるので、使い終わったら返すことが大切です。
前者の場合にも延滞料金を支払わなければならなくなる可能性があります。
使用し終わったら速やかに返却するという心がけがレンタルするときには肝心なのです。

〇まとめ

★wifiをレンタルするときには通信エリアや容量制限に気を払いつつ、バッテリーが切れないように電源をこまめに切ったり、充電を怠らないようにしたりすることが大切です。
★また、返却が遅くなってしまうと膨大な金額の請求をされることになりかねないので注意して使いましょう。