Skip to content

法人携帯のレンタルに台数制限はある?

法人携帯のレンタルに台数制限はある?

法人として契約して携帯をレンタルしたいというときに何台なら借りられるのかというのが問題になることがあります。
こんなに少ない台数でも大丈夫なのか、こんなに多くても対応してもらえるのかと悩んだときのために、現状のレンタル業者側の対応について理解しておきましょう。

 

台数が少なくても対応してくれる

法人携帯の台数については多くないとだめなのではないかと考える人もいるでしょう。
本格的に社員全員に持たせるためにレンタルするというときでなければ対応してくれない可能性があると考えるのももっともです。
しかし現状として、レンタル業者側は一台からでもレンタルに対応してくれます。
法人だからといってレンタルする台数は必ずしも多くはないからであり、ビジネスシーンによっては一台だけ借りたいということもあるでしょう。
そのようなニーズに柔軟に対応できるようにしてくれているのです。
アルバイトや派遣社員などを雇ったときに一時的に貸与するには一台だけで十分なこともあります。
現場の状況をよく理解してレンタル業者もサービスを提供しているのです。

 

台数が多くても可能な限り対応してくれる

逆に社員全員にレンタルした携帯を貸与したいというときに対応してもらえるのかというのも疑問になりがちです。
これに関しては原則として台数制限を設けていないレンタル業者が大半を占めていますが、相談してみないと本当に対応してくれるかどうかはわかりません
レンタル業者としては台数が多いのは歓迎すべきことで、それだけ利益につながると期待できます。
しかし、あまりに希望されている台数が多い場合には、その台数の携帯を確保するのが困難になってしまう場合もあるのです。
社内で抱えている在庫だけで足りない場合にはその業者が持っているネットワークを使って確保することになります。
それでも台数が足りないときには他の機種で対応して欲しいと言われたり、対応できないと断られたりする可能性もあるので注意が必要です。

 

台数が多いときに留意すべき納期

台数が少ないときにはあまり問題は起こりませんが、多いときにはトラブルも発生する可能性があります。
在庫を確保するために時間がかかってしまって納期が遅くなるリスクがあるのです。
見積もりを取る時点で納期がいつになるかは明確に示してくれますが、数日後に揃えたいという要求には応えてもらえない可能性があります。
時間に余裕を持って依頼することが重要になるでしょう。

〇まとめ
一般的には法人携帯の台数についてはどのレンタル会社も制限を設けていません
一台から対応してくれて、可能な限りどんな多い数でも手配する努力をしてくれます。
ただし、台数が多いときには納期が遅れる可能性や代替機を提案される可能性もあるので注意しましょう。