Skip to content

タブレットレンタルの台数制限は?


法人としてタブレットのレンタルを検討したいときに、台数制限があるのかというのが疑問として浮上する場合があります。上限や下限についての知識を持っていると、どのようなシーンならレンタルしやすいのかが明確になるでしょう。

 

 

タブレットは一台からでも借りられるのか

タブレットのレンタル台数の制限が気になるケースとして一台だけ借りたいという状況が考えられます。アルバイトを増員として一時的に雇ったときに使用する端末として貸与したり、出張に行く必要が生じたときに普段は業務上では使っていないタブレットを用意して活用してもらったりするケースが代表例です。

このようなときに一台からでも借りられれば便利と考えられるでしょう。現在ではほとんどの業者では法人に対して一台からタブレットをレンタルしています。すぐに欲しいというときでもその日のうちから翌日に発送してくれるサービスをしている業者もあるので、たった一台でもあったら良いのにというときには業者に連絡してみましょう。

何台になってもタブレットは借りられるのか

タブレットのレンタル台数の制限が悩みになる別のケースとして考えられるのが、社員全員にタブレットを貸与して運用したいというときや、イベントなどで大勢のアルバイトを雇ったときです。数十台のタブレットを一度にレンタルすることができるのかというのは疑問になるかもしれませんが、どの業者も原則としてレンタル台数には上限を設けていません。

ただし、気をつけなければならないのは、在庫台数が限られていることです。業者によって機種ごとに抱えている在庫の数は異なり、数十台も持っていることはあまり多くはありません。在庫を手配してからレンタル開始という形になるため、必要なときまでに間に合わない可能性もあります。どの程度の対応力があるかは業者によって異なるので、まずは問い合わせてみることが大切です。

台数が増えると割引サービスがあるのか

レンタルの台数制限と合わせて気にかかることが多いのが割引サービスです。台数が多いと安くなるのではないかと考える人もいるでしょう。業者によっては10台借りれば月額料金が割安になるサービスなどを実施しています。台数が多いときにはその点も考慮して比較検討するのが重要になるでしょう。

 

一般的な傾向としてタブレットのレンタル台数には制限がありません。法人として依頼するときにも一台から対応してもらうことができ、台数が増えた場合にも依頼できます。レンタル業者によっては台数が増えると割引があるので、本格的にレンタルで導入するときには相談してみましょう。