Skip to content

タブレットをレンタルした際、宅配は可能?

タブレットなどをレンタルする場合には、その機材を借りていずれ返却をしなければなりません。

しかしその際に機材自体を運送しなければならないので、その詳細を把握していないと想定していたことと違った対応をされかねず、トラブルの恐れがあります。

 

借りようとする場合には台数と場所を把握しておこう

タブレットなどの機材をレンタルする場合に最初に必要なのは、機材を借してもらうサービス会社選びとなります。

というのもサービス会社はたくさんありますが、法人だけを対象にしている会社や個人だけを対象にしている会社など様々だからです。

もちろん利用料金や機材の提供方法なども各会社ごとに異なってくるので詳しく調べる必要が出てきます。

 

法人相手と個人相手では対応が異なってくるかも

しかしその機材を貸してくれるサービス会社が法人相手にしか商売をしていない場合は複数の方法があります。

1つは機材を会社の近くの営業所まで移動させ、そこからその営業所の担当者が会社まで機材を持ってきてくれる場合です。

もう1つは機材そのものを宅配で持ってきてくれる場合です。

もし機材を配送会社経由で送受する場合は送受する際の運送費が別途発生します。

その場合は箱の中に返送用の箱も折りたたまれて梱包されている場合が多くなります。

運送費は契約により着払いとなっている場合、あらかじめ契約料金の中に含まれて請求される場合とに分かれます。

これらはあらかじめサービス提供会社と詳細な打ち合わせ確認が必要です。

第3の方法はサービス提供会社へ自ら出向いて機材を受け取るやり方です。

しかしこれは実施可能な会社と不可能な会社とに分かれますので、やはり事前確認が必要です。

 

個人の場合は空港受け取りで運送費なしも可能

個人で利用する場合にも機材のいろんな受け取り方法がありますが、一般的になってきているのが空港での機材受け取りです。

これは元々機材の利用を外国での旅行などを想定しているためです。

空港利用だと機材の運送費が要らないメリットがあるだけでなく、返却する際も機材を箱に入れて梱包する手間を省くことができるからです。

しかし借りようとする人の中には外国や空港利用する人ばかりとは限りません。

その場合には宅配での受け取りや返却となりますが、その場合だと往復分の送料込みで先払い契約することが多くなっています。

その場合には発送地域によって若干の送料こそ違いますが、往復分の送料で税抜き2000円から3000円くらいが相場となっています。

なお沖縄や離島だと別途追加料金が発生する場合があります。

 

タブレットなどの機材をレンタルする場合は宅配で受け取りをする場合は運送費が別途発生するのが基本です。

その場合には大概は機材を受け取った箱の中に返送用の箱も付属して入っています。

もしその運送費を不要にしたい場合は、個人の場合は空港受け取りなどで回避することも可能です。