Skip to content

レンタルタブレットにはあらかじめソフトは入っている?

タブレットをレンタルしたときにソフトが一通り揃っていると便利でしょう。

逆に不要なアプリばかり入っていると使い勝手が悪くて困ってしまいがちです。

手元に届いたときには何がインストールされているのでしょうか。

業界で標準的になっているサービスについて理解しておきましょう。

 

何もインストールされていないのが標準的

端末が手元に届いた時点でどのようなアプリがインストールされているかは業者によって異なります

しかし、業界標準としては何も入っていない状態になっていて、本来その端末がメーカーから出荷されたときの初期状態になっています。

もともとインストールされているはずのアプリのみになっていると考えると良いでしょう。

業者によってはプリインストールされているものも消去して全て自分の好みに合わせてインストールできるように手配してくれている場合もあります。

 

オプションでインストールしてもらえることが多い

最初から必要なものが揃っていて欲しいという人にはプリインストールされているはずのアプリだけでは不十分でしょう。

有名なものが一通り入っていれば端末が届いてから滞りなく使えるのに、と思う人も少なくないのは確かです。

その点に着目して、業者側が適切なものを選んでインストールしてくれるオプションサービスも提供されています。

業者によって対応には違いがありますが、希望したものをインストールしてくれるか、業者側が提示しているものをインストールしてくれるという二通りのパターンがあります。

 

不要なものは削除してしまっても良いのか

タブレットにプリインストールされているアプリが必要ないというときに削除しても良いのかというのも問題になる点です。

メーカーから出荷された時点で入っているものでも、業者がパッケージ化してインストールしているものでも、使わないものは削除してしまった方がパフォーマンスも良くなり、ハードディスク容量も大きくなります。

レンタルだからそのままの状態で返すべきと考えてしまう人もいますが、返却後は出荷時状態に戻すので特にソフトを消してしまっても問題はありません

追加するのも自由なので、借りてから使いやすいように手を加えましょう。

 

タブレットをレンタルするとメーカーから出荷された時点の初期状態になっているのが標準的で、ソフトについてはプリインストールされているものだけになっています。

業者によってはインストールを代行してくれるサービスがあるので必要に応じて申し込みましょう。

プリインストールされているアプリは削除して構わないのが一般的です。