Skip to content

タブレットのレンタルを延長することは可能?

レンタルを利用する事で、購入しなくても必要な物を必要な時に利用出来ると言うメリットがあります。

その為、現在ではビジネスはもちろんの事、個人でも利用していると言う人は珍しくありません。

ただ、自分のものではないので、ちゃんと返却期限には返す必要があります。

しかし使っていると後1日2日使いたい場合も有るでしょう。

ではこの場合、延長してもらう事が出来るのでしょうか、それとも最初に決まった日数しか借りる事は出来ないのでしょうか。

 

期間を長くしてもらう事は原則可能

実際に業者から借りている物は、返却期限までに返すのは基本です。

店舗で借りた場合はその日の指定された時間までに返却します。

また配送を利用する場合は離島などを除いて返却予定日の翌日に業者の方に届くようにするのが基本です。

連絡しないで返却日を過ぎてしまうと、延長料金がプラスされる事もあります

なのでまず、遅れそうになる場合はすぐに業者の方に連絡をして、どの様にすれば良いかと言う事を聞きます。

そして、レンタル期間の延長を希望する場合も業者に連絡をすれば、利用期間を長くしてもらう事は原則可能となっています。

 

無理な時もあるので、注意が必要

レンタルの期間を長くしてもらう事は原則的には可能なのですが、100%可能と言う訳ではありません

なぜなら別の人が予約をしている場合、業者はそちらの人を優先して貸す事になるからです。

なので、利用する業者によって、さらに利用者数によっては業者が保有しているタブレットの台数では対応しきれなくなってしまう事も有ります。

この場合はどれだけこちらがもう少し長く貸してもらいたいと願っても、まずはいったん返却と言う事になるので注意しましょう。

業者側は予約状況を見てもう少し貸している事が出来るかどうかを判断します。

したがって、もし長く貸してもらいたい場合は、分かった時点でまずは業者に連絡をする方が良いでしょう。

そうすればまだ予約が埋まっていない可能性があるので期間の延長がしやすくなる事も有るからです。

 

返却期間が過ぎてからの場合は注意

返却期限までにまずは返すと言うのが基本ですが、人によってはそのまま返し忘れてしまうと言う事も有ります。

その場合、延長料金が発生するのが基本です。

では、返却し忘れたと気付いた時にレンタル期間を長くしてもらう申し込みをした場合はどうなるでしょうか。

この場合、既に返却期限を過ぎていると言うことが先に発生している為、借りる期間が長くなったのではなく、返却が遅れている期間が長くなったという扱いになる場合も有ります。

したがって、状況によってはより多くの料金を払わなければならなくなるので注意しましょう。

 

タブレットは業者から借りる事で、自分たちで契約しなくてもすぐに利用出来る様になります。

必要な時だけ借りると言う事も出来るので、余計な料金が発生しないと言うメリットも有ります。

またその借りる期間は申し込みをすれば長くしてもらう事は可能ですが、業者や状況によっても違うので、その点には注意しましょう。