Skip to content

法人携帯レンタルの紛失や故障した場合の費用はどれぐらい?

法人携帯レンタルの紛失や故障した場合の費用はどれぐらい?

携帯を使っていると端末にトラブルが生じてしまうことはあります。
法人携帯をレンタルしているときに故障してしまったり、紛失してしまったりしたときにはどの程度の費用がかかるのでしょうか。
相場を概ね理解しておきましょう。

 

故障したときにかかる費用はケースバイケース

法人携帯をレンタルしていて故障が起こったときにかかる費用はレンタル会社によってかなり異なります。
特に過失が認められない場合には無償で修理対応をしてくれて、その期間中も代替機を出してもらえる業者もあります。
一方、修理費が全額必要になり、数千円から一万円数千円程度がかかる場合もあり、修理不能な場合には実費で新品購入に相当する費用を払う必要がある場合もないわけではありません。
特に長期のレンタルになると故障は起こり得るのでレンタルする前に詳細を確認しておくのが無難です。

 

紛失したときにかかる費用の相場

紛失したときにかかる費用はレンタル会社によって個々に定められています。
ガラケーの場合には15000円から30000円程度、スマーフォンの場合には30000円から75000円程度が相場です。
レンタル会社によっては端末の種類ごとに設定されていて、型落ちのものをレンタルしているときにはやや安くて済むこともあります。
また、レンタル期間によって価格が変動するケースもあり、二年以上借りていると数千円の弁償で済む場合もあるため、紛失してしまうのが懸念される場合にはこの観点からも業者比較をしておきましょう。
紛失した場合にも通常は速やかに代替機を出してもらえるようになっています。

 

オプションサービスや付帯サービスが大切

修理や紛失のときにかかる費用についてはレンタル会社による違いも大きいですが、基本的には修理の実費は数万円の弁償費用がかかるのが基本です。
付帯サービスとして割引をしてくれていて、その分が基本料金に上乗せされていると考えると良いでしょう。
これをオプションサービスにしているレンタル会社もあります。
オプションサービスを選んでおくと修理費用が無料になるなどの対応をしてくれるので、安心して使えるようにしたい場合にはオプションに加入しておくと良いでしょう。

〇まとめ
法人携帯をレンタルしていたときに故障したら修理費用として数千円から一万数千円、紛失したときには弁償費用として数万円がかかります。
付帯サービスオプションサービスとして費用を削減できるプランを提供していることもあるので、大きな出費を避けたいときには加入しておくのが大切です。
どちらの場合も代替機を出してくれるので速やかにレンタル会社に連絡して事情を説明しましょう。