Skip to content

レンタルしたタブレットの返却方法

タブレットをレンタルして使い終わったときには返却することになります。
どのような方法で返すことができるのでしょうか。

業者によって返し方には違いがあり、複数の方法から選べる場合もあります。
どのような方法があるのかを知っておきましょう。

店頭で借りたときには店頭でも返せる

店頭で手続きをして借りたというときには店頭で返せるのが最も便利なことが多いでしょう。
店舗を持っている業者の場合には大抵、店頭で返せるようになっています。

空港にカウンターを持っている場合もあります。
主に海外用のものを扱っている業者で行っているサービスで、空港に到着したら簡単に返せるようにしてくれているのです。

宅配便や郵送で送れば良いだけの返し方

多くの業者が採用しているのが宅配便によって返す方法です。
返すタイミングになったら梱包して着払いで送るだけという簡単な業者もあれば、期日を予め決めてあって宅配業者が集荷に来てくれるようになっている業者もあります。
宅配便で最初に送ってもらった場合には梱包資材はそのときに使用されていたものをそのまま使えば良いというのが一般的です。
宅配業者に渡す伝票も記入済になっていて便利でしょう。

宅配便の送料は基本的には業者側が負担する形になっていますが、延滞した場合などには自己負担になることもあります。
業者によっては宅配業者ではなく郵便を使用していることもありますが、手続き上の違いはありません。
郵便ポストに投函するだけで良い簡単なサービスもあります。

返すタイミングに十分に注意が必要

レンタルしたタブレットを返すときには期日に間に合うようにすることが大切です。
注意が必要なのがタイミングで、初めて利用した人の場合には一日か二日の延滞料金が発生してしまうことがあります。
30日間の契約をしたときには30日目に返せば良いと考えてしまうかもしれません。

店頭で返す場合にはすぐにその場で手続きが行われるので問題はないでしょう。
しかし、宅配便や郵便を使うときには問題が発生し得るのです。
通常、近い距離でも宅配便や郵便では翌日の到着になります。

遠方の場合には二日か三日かかってしまうこともあります。
業者側が返してくれたと判断するのが到着日の場合には延滞料金が発生してしまうことになるので、いつを返却のタイミングとしているか確認した上で返すようにしましょう。

 

タブレットをレンタルしたときには主に店頭やカウンターで直接返すか、宅配便や郵便などで送って返すか2択から選択することになります。
期日に間に合うようにすることが重要で、一日でも遅れると延滞料金がかかってしまうので注意しましょう。