Skip to content

法人携帯をレンタルする用途は?

法人携帯をレンタルする用途は?

法人携帯を導入するときにレンタルを選ぶ場合にはどのような用途があるのでしょうか。
本体を購入したりリースを利用したりする方法もありますが、レンタルするメリットに着目した使い方を知っているとシーンに応じて適切な使い分けができるようになります。

 

短期的に借りられるメリットを生かす用途

〇法人携帯をレンタルするメリット
一日から数ヶ月程度の期間で気軽に好きな台数だけ借りられるという点が挙げられます。
このメリットを生かすとアルバイトや派遣社員を雇ったときに貸与する携帯電話を確保する用途で使うことが可能です。
もともと法人携帯を導入している現場では同じように他の社員とコミュニケーションを取れるようにするために重要になります。
②また、雇用する人材の業務内容によっては法人携帯をレンタルすることで効率が上がるでしょう。
営業などのように顧客対応が重要になるケースでは速やかに対応できるように携帯を持つことが必須です。
その際に個人の携帯電話を使ってもらうと精算が厄介になりがちですが、法人携帯をレンタルして貸与すれば一元管理して経費にすることができます。
個人の費用として負担させることもないため、積極的に活用して効率良く仕事をしてもらえるでしょう。

 

イベントや出張のときの通信手段

イベントを実施するときにも法人携帯を活用できます。
現場のスタッフが互いに速やかに連絡を取れるようにできる形を作るのが大きなイベントほど重要になるため、全員が手元に携帯を持っている状況を作ることが大切です。
もともと携帯の貸与をしていない場合には持っていない人もいる場合があるでしょう。
また、個人の携帯を使わせてしまうとやはり費用負担の精算が厄介になるので法人携帯をレンタルした方が便利です。
また、出張のときにも連絡手段として貸与すると円滑に連絡を取れるようになります。

 

故障しても困らないから長期利用も可能

レンタルは数ヶ月や数年という単位でも行えます。
長期的には購入やリースの方が安上がりになるのが一般的ですが、細かく見てみるとレンタルの方がお得な部分もあるため、長期的な法人携帯の導入のためにレンタルを選ぶというのも賢明な方法です。
レンタルの場合には故障しても連絡すればすぐに代替機を準備してもらえるのが一般的になっています。
メンテナンス費用がかからないだけでなく、社員にも故障したら代替機が出るから大丈夫だと伝えておけば勤務時間を修理のために無駄にしなくて済むようになるでしょう。

〇まとめ
★法人携帯をレンタルすると短期間の雇用者に貸与しやすいメリットがあります。
★イベントや出張のときに一時的に手配するのにも良い方法ですが、メンテナンスに費用がかからないことも考慮すると長期利用することも魅力的です。