Skip to content

海外にレンタルした法人携帯を持っていける?

海外にレンタルした法人携帯を持っていける?

法人携帯をレンタルして使用しているときに海外でも使えるのかというのは海外出張や転勤の際に大きな問題になります。
使えるかどうかだけでなく、利用料金についても考慮する必要があるので有用な方法が何かを理解しておきましょう。

 

大半のケースでは海外でも使用可能

国際化が進んできた影響で現在ではほとんどの法人携帯が世界対応をしています。
海外に行っても通話もデータ通信もできるものが多いですが、どの端末を選んだかどの回線を使用しているかによっても使えるかどうかは異なるので気をつけましょう。
もし海外でも使う可能性があるという場合には、予め対応しているレンタル会社で海外対応の携帯を選ぶことが必須です。
通話はできなくてもデータ通信ができれば良いという場合にはそのタイプの携帯も選ぶことができます。
導入する時点で海外対応かどうかは決めておかなければならないのが原則なので、特に長期利用するときには先々のことまで考えて選ぶことが肝心です。

 

海外での利用料金については要注意

海外対応している法人携帯をレンタルしたときに、海外で利用する場合には料金について十分に気をつけなければなりません。
通常は通話料金もデータ通信料金も国内に比べるとかなり高くなっています
国内にいるのと同じ感覚で社員に使用されてしまうと請求額が肥大化してしまって支払いが困難になる可能性もあるでしょう。
予め海外での利用規則などを作って統制しておかないと経営が成り立たなくなる可能性があるので、海外での使用許可をするときには注意が必要です。
もしそのリスクが気にかかるなら海外に対応していない法人携帯を選ぶのも賢明な判断と言えます。

 

海外で使うなら海外用の法人携帯

海外での利用料金を抑えようと考えたら海外専用の法人携帯を利用するのが賢明です。
この方が通話料金も安く、データ通信料金もかなり割安になります。
料金は会社によって違いますが、国内用のものを海外で利用するのに比べれば破格です。
レンタルは短期間でも借りられるのがメリットなので、海外出張が必要になったときにはその期間に合わせて海外用の法人携帯を手配するのが最も良い方法でしょう。
国内用のものを借りているときには一度返却しても、そのまま借り続けていても問題はありません。
いざというときの代替の連絡方法として携帯させておくと社員も安心できる可能性があります。

〇まとめ
レンタルした法人携帯には海外対応をしているものも多いので通話もデータ通信も可能です。
ただし、国内用の法人携帯の場合には通話料金もデータ通信料金も高くなってしまいやすいので、海外出張のときには海外用のものを手配しましょう。