Skip to content

法人携帯レンタルの価格は?

法人携帯レンタルの価格は?

法人携帯を利用したいと考えているときにどの程度の価格になるかは大きな問題でしょう。
利用の仕方やレンタル会社によって差が大きいですが、どのような形での契約が標準的になっているのかを確認しておくと参考になります。

 

機種と期間によって価格には大きな違いがある

法人携帯の価格はレンタルする機種と期間によって大きく左右されます。
ガラケーに比べるとスマートフォンの方がやや高くなっていて、機種が新しくて性能が良いほど高めです。
また、一日から一週間程度のレンタルは一日あたりの費用がかなり高めなのに対し、一ヶ月や一年間で借りるとかなり安上がりになります。
業者による違いも大きく、大手キャリアから直接借りると高めになるものの、代理店を利用するとかなり安上がりにできるのが一般的です。
全体的な傾向としてガラケーなら一ヶ月で4000円から20000円程度で借りられるようになっています。
ただし、これはあくまで借りるために必要な最低費用として各社が提案している月額費用なので、初期費用オプションに関する費用通話料データ通信料が別に必要です。

 

通話料とデータ通信料についての配慮も必要

価格について特に気をつけておきたいのが通話料データ通信料です。
標準料金の中に何が含まれているかはケースバーケースで、全て従量制になっていることもあれば、一定時間までの通話料やデータ通信料が無料になっているものもあります。
スマートフォンの場合にはデータ通信量として毎月2GBまで無料というのが標準で付帯していることが多くなっています。
一方、通話料については一緒にレンタルした法人携帯同士なら無料という対応をしている会社もあるので、社内通話が主な目的という場合にはお得に利用できるでしょう。
また、データ通信をするために別途費用が必要だったり、通話料を定額にできるプランがあったりという形で業者により対応が大きく異なるので、どのように使うかを考えてプランを選ぶのが大切です。

 

結局どの程度の予算を考えると良いのか

結局いくらあれば法人携帯をレンタルできるのかはケースバイケースです。
安く済ませようとすれば一日のレンタルでも数百円と通話料だけで済み、一ヶ月なら通話とデータ通信が少しだけできるプランでも数千円で済みます。
内容を充実させようとすると一ヶ月で3万円から4万円程度がかかるでしょう。

〇まとめ
法人携帯の価格はどのように使用するかに応じて大きく異なります。
最低ラインなら一ヶ月に数千円で済みますが、通話料やデータ通信料にも気を払い、必要なスペックの機種を手配することも考えてプランをよく比較検討しましょう。