Skip to content

法人携帯レンタルの借り方と返し方

法人携帯レンタルの借り方と返し方

 

法人携帯をレンタルするのに興味を持っている人にとって、どのような流れで利用するものなのかは理解しておかなければならないことでしょう。
レンタルの際の借り方や返し方を含めて一連の手続きを把握していると安心して利用できます。

 

法人携帯を借りるまでの通常の流れ

①法人携帯をかりるときにはレンタル業者を探して相談を持ちかけることから始まります。
予めウェブサイトなどで扱っている携帯のラインナップや取り扱いサービス、料金などを確認した上で連絡すると話がスムーズに進みます。
業者によって最初の問い合わせの方法には違いがありますが、電話やメール、ウェブフォームを用いるのが一般的です。
②そして、レンタルする端末の種類やレンタルする時期と期間、料金の支払方法などを相談した上で見積もりを取ります。
③その内容で良ければ発注を確定して料金の支払いを行うというのが借りるまでに必要な手続きです。
④これを終えるとレンタル業者が端末を宅配便などで発送してくれるため、会社宛に送られてきた荷物を受け取れば使用開始できます。

 

借りてから返すまでに必要な手続きとは

レンタルの手続きを終えて借りてから返すまでの期間には特別に必要な手続きはありません
レンタル業者から指示がない限りは自由に携帯を利用して問題なく、故障や紛失、盗難の際にだけ業者に連絡して代替機の手配などをしてもらえば十分です。

 

法人携帯を返却するときの一般的な手続き

法人携帯のレンタル期間は契約時に決めるのが基本で、期間が満了したら使えなくなります
①この時点で端末を返却することになりますが、通常は宅配便などでレンタル業者宛に送るだけで構いません。
業者によって対応に多少の違いはあるものの、着払いで指定の運送会社に依頼して送るという形になっています。
サービスが良い業者の場合には予め宛先を書いた着払い伝票が一緒に送られてきているので、それを使って送り返すだけで返却手続きは終わりです。

〇返送するタイミングについて
通常はレンタル期間が終わった日の翌日としていますが、レンタル期間の満了日に指定されているときや、満了後しばらくは期間がある場合もあります。
利用時間にも影響があるだけでなく、返却の手続きをする都合も考えておく必要があるので、申し込みをする前に確認しておくのが大切です。

〇まとめ
法人携帯はレンタル業者を選んで申し込み、機種や期間などを決めれば借りたい日より前に送ってもらうことができます。
レンタル期間の満了後に宅配便などの着払いで送るだけで返却できる仕組みが一般的です。
特に返却については業者によって細かな違いがあるので確認した上で申し込むようにしましょう。