Skip to content

wifiを長期でレンタルするメリット・デメリット

wifiを長期でレンタルするメリット・デメリット

インターネットを快適に利用する上で利用している人が多いのがWi-Fiルーター。
家に固定するタイプとは別に最近はポケットWi-Fiルーターというものもあり、ポケットWi-Fiルーターなら家でも外でも好きな場所でインターネットを楽しむことが出来ます。
また最近のWi-Fiは一度に3台以上接続できるのは当たり前で、家族全員が同時に接続しても利用できるのもありがたい所です。
Wi-Fiルーターには購入型とレンタル型があります。
このWi-Fiレンタルを長期間使用した場合、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

レンタルWi-Fiのメリット・デメリット

〇メリット
レンタルWi-Fiを長期間しようすることで、まず最大のメリットは料金が安いという事です。
もし購入した場合、端末代金は安くて15,000円から最大30,000円前後します。
しかし、レンタルの場合は1日大体400円前後で、月額いくらと決まっていることが多いので、わざわざ購入しなくても安く利用できます。
メーカーによっては長期使用で割引サービスを利用できたり、結局借りたのはいいが、やはり使わなかったという場合もレンタルWi-Fiなら返すことも可能です。

 

ではデメリットは何でしょうか?

〇デメリット
長期使用する場合、長期使用分の追加料金が発生してしまうという事です。
総合的に計算をしたら購入したほうが安かったという事もあります。

自分のものではなく借りているものなので壊したらどうしようと気になってしまいます。

通信制限もあり、1日300万パケット使用すると24時間制限があるなどメーカーによって通信速度が落ちてしまう通信料は異なります。
しかし、仕事で使用する場合、通信速度が落ちてしまうとその後の業務に支障が出てしまうのでお勧めできません。
仕事で長時間使用する場合は固定のルーターと外出時のポケットルーターを使い分けるという手もあります。

 

長時間使用する場合は通信速度に気をつけましょう

Wi-Fiルーターは1度に約10台ほど接続することが出来るため、家族全員がインターネットを使用しても安心です。
一日およそ400円ほどと安く無制限で使用することが出来ます。
しかし、一定の通信使用料を超えた場合、例え使えたとしても通信速度が極端に落ちてしまうので、仕事中に通信曽木鵜戸が落ちるとイライラしてしまう事もあるでしょう。
また長期契約すると購入したほうが安くなることもあります。
使用する上でこれらの事を考えて長期契約しましょう。