Skip to content

タブレットをレンタルするメリットは?

タブレットを法人にもレンタルする業者が増えてきましたが、なぜそんな事業が展開されているのかと疑問に思う人もいます。法人がレンタルでタブレットを手配するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。代表例を理解して活用を検討してみましょう。

 

初期費用を削減してタブレットを導入できる

タブレットを現場に導入したいと考えていても費用が工面できない場合はしばしばあります。大勢の社員にタブレットを貸与しようと考えると初期費用がかさんでしまうからです。端末の購入料金は分割払いすることもできますが、事務手数料などの端末の手配そのものにかかる費用は一括して払わなければなりません。

初期設定の仕方がわからないときには業者のエンジニアに来てもらって設定してもらう必要が生じることもあります。しかし、レンタルであれば初期費用がかからないのが一般的で、後払いや月払いもできるサービスがあるので初期費用に苦労することはありません。ランニングコストの工面だけ見通しが立てば導入できるのがメリットです。

一時的な利用に対応することができる

企業では一時的にタブレットを現場で使いたいと思うことがあります。その際にレンタルは数日程度から借りられて、長期的にはコストがかからないというメリットがあります。採用活動や販促などでイベントを実施するときには営業ツールとしてもコミュニケーションツールとしても活用可能です。

出張のときに手元に持たせることもできるでしょう。数ヶ月から一年以上のレンタルもできるので、長期出張の場合に貸与するという形でも利用できます。アルバイトや派遣社員などを雇って働かせるときに雇用期間に合わせてレンタルし、ツールとして使わせることもできるので、多様な場面で活用できるのがメリットです。

タブレット導入を検討する機会を作れる

タブレットを企業で導入するときには費用対効果が十分にあるかを試算しなければならないでしょう。本当にどれだけ現場のパフォーマンスが上がるのかを確認するためにまずはレンタルでタブレットを導入するという方法を選べます。

数ヶ月間にわたって導入してみれば、どれだけ事業利益が増えているかを確認できるでしょう。その後はそのままレンタルを続けることも、予算ができたタイミングで全て購入やリースに切り替えるのも自由です。まずはタブレット導入の効果を確認したいというときにはレンタルが手軽です。

 

タブレットをレンタルするメリットは初期費用が抑えられることに加え、一時的な利用にも応用しやすいことです。タブレットを導入するかどうかで悩んでいるときにも、まずは効果を確認する目的でレンタルすると良いでしょう。