Skip to content

法人携帯レンタルを利用した時のメリットとデメリット

法人携帯レンタルを利用した時のメリットとデメリット

法人携帯を導入する方法として代表的なものには購入、リースレンタルがあります。
法人携帯のレンタルを行う事業がよく行われるようになって気軽に借りられるようになりましたが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

レンタルは短期間での使用に向いている

法人携帯をレンタルで導入する方法はコスト面で考えると短期間での使用に向いています
年単位での契約になるのが購入やリースによる導入の問題点であり、数日から数ヶ月だけ必要という場合にも長期的な契約が求められるのが特徴です。
しかし、レンタルの場合には一日からでも借りられるサービスがあります。
実際には数日から一週間程度を最短期間としていることが多いですが、一ヶ月レンタルプランなどもあって数ヶ月単位でのレンタルになると一日あたりの費用もかなり安く抑えられます。
何年も使うというときには購入やリースの方が安くなるのは確かでしょう。
しかし、もっと短い期間だけ利用したいときにはレンタルの方が安上がりになる場合が多いのです。

 

長期的にレンタルするのにもメリットはある

数ヶ月から数年という単位でレンタルするとなると法人携帯は購入やリースで導入するのを考えた方が、コストパフォーマンスが良さそうだと考えるかもしれません。
しかし、長期的にレンタルするのにもメリットがあります。
レンタルの場合には端末の故障について気にしなくて良いというメリットがあるからです。
レンタルの場合には不具合があったらレンタル業者に連絡すると代替機を出してすぐに対応してもらえます。
しかし、購入やリースの場合には修理するのが原則です。
修理のためにコストがかかるだけでなく、代替機を出す対応をしてくれなかったときには業務にも支障が生じます。
紛失や盗難のときにもレンタルの場合には代替機を出してもらえるので、トラブルのときに困らないメリットがあるのです。

 

予算について知っておきたいポイント

法人携帯にかける予算について考えたときに押さえておきたいポイントがあります。
レンタルの場合には常に一定のコストがかかるのが特徴で、どれだけのコストがかかるかを予測しやすいのがメリットです。
リースの場合にも同様のメリットがありますが、購入の場合には初期費用としてまず大きなコストがかかり、将来的にはメンテナンス費用や再購入費用などが不定期に発生してしまいます。
計画通りに予算を使いたいケースではレンタルは優れているでしょう。

〇まとめ
★法人携帯はレンタルすると費用は高くなりますが、毎月同じ金額で済むので予算計画を立てやすいメリットがあります。
短期的な利用のときにはレンタルにも費用面でのメリットがあるでしょう。
故障などのトラブルのときにも代替機を出してもらえるので安心して運用できます。