Skip to content

タブレットは何台までレンタル可能?

たとえば、法人としてタブレットレンタルを考えたいときに、台数の制限があるのか否かというのが疑問点として浮上します。
上限並びに下限に対しての知識を持っておくと、どういった局面なら借り易いのかが明白になり、会社の業務効率化に役立つでしょう。

 

一台からでも借りることができます

制限が気掛かりなパターンとして一台のみ借り入れたいという状態が想定されます。
アルバイトを増やして限定的に雇ったときに活用する端末という形で貸与したり、出張に出かける必要性が出たときに平常なら会社の業務上では利用していないものを準備して活用する事例が代表例になります。
以上のようなときに一台から借り入れできれば効率的と言えるでしょう。

近頃ではほとんどのケースで業者は法人に対して一台から貸しています。
即座に確保したいというときでもその日の内~次の日に発送するサービスを行なっている専門業者もありますので、一台でも可能です。

借りることができる上限に関して

制限が気掛かりになるほかのケースとして想定されるのが、従業員全ての方に貸与したいとき、あるいは催し物などでたくさんのバイトを雇ったというようなケースです。
数十台を一気に借りることができるのかというのは疑問点になるかもしれませんが、どういった専門業者も基本的には上限を設定していません。

しかしながら、留意しなければならないのは、在庫の数が定まっていることです。
業者によりタイプごとに持ち合わせている在庫数は違い、数十台も保有していることはさほど多くはありませんので注意が必要になります。
在庫の手配をしてから開始というスタイルになるため、どうしても必要なときまでに間に合わないケースもあります。
どれくらいの適応力があるかは業者によりまったく違うので、まず第一に問い合わせることが重要になります。

数が増加すると値引きサービスもあります

制限と並行して意識することが多いのが割引のためのサービスといえます。
数が非常に多いと安くてすむのではないかと捉える方もいるでしょう。

業者により10台借り入れすれば月ごとの料金がお得になるサービスなどを実行しています。
数が多いケースにはその事も念頭に置いて対比することが大事になるでしょう。

 

一般的な動向として数には制限が無いといえます。
法人という形で要請するときにも一台から対策を施してもらうことが可能で、数が増加した場合にも頼めます。
業者によっては台数が増加すると値下げがあるので、積極的に導入するときには業者に相談を持ち掛けてみましょう。