Skip to content

タブレットをレンタルするための手順

タブレットを法人として契約してレンタルしたいというときにはどのような手順を踏む必要があるのでしょうか。連絡するレンタル業者によって多少の違いはありますが、大まかな流れを理解して必要なときにはすぐに手配できるようにしましょう。

 

まずは問い合わせと相談から開始

タブレットをレンタルするため連絡するときには、借りたいタブレットを取り扱っていて、必要なサービスプランを持っている業者をまず選びます。そして、その業者に問い合わせをしてレンタル可能かどうかを確認して見積もりを取るのが基本です。

もし使用用途が決まっているけれど適切な端末やプランがわからないというときには適切な提案を受けることもできます。その内容を確認して納期やレンタル期間、料金などに問題がなければ注文を確定します。もし不満があるなら伝えて変更を依頼したり、その業者では対応できないケースでは他の業者に問い合わせて比較検討したりして対応することになるのが通常です。

注文を確定して料金の支払い方法を決める

注文はメールやFAXを送るか、ウェブ上で処理することで確定できるのが一般的です。注文を確定するときには支払い方法としてクレジットカード、銀行振込、代金引換などから選ぶことができます。レンタルするタブレットを発送してもらうためには支払いを先に行う必要があるケースもあります。

同じ業者でも料金プランやレンタル期間によって払うタイミングが異なる場合もあるので注意が必要です。この手続きが終わると業者からタブレットが発送され、宅配便などで手元に届けられます。発送方法を確認して受領できるように用意しておかなければなりません。

タブレットの受領と返却の手続き

タブレットが送られてきたらそのまま使用することができます。送られてきた端末や設定が正しいかを確認し、問題がなければレンタル期間中は自由に使用して問題ありません。期間が満了したら返却の手続きを行います。

通常は指定業者の集荷サービスを使って着払いで発送することになります。一般的には契約期間の最後の日かその翌日に発送するように指示がありますが、具体的な返送日については個々に確認することが必要です。また、銀行振込などで後払いをする契約になっているときには、この前後で支払うか、月末などに支払うことになります。

 

法人がタブレットをレンタルするときには業者に問い合わせをすることから始まります。必要な端末とサービスがある業者を選び出して注文を確定し、支払い方法を決めたらタブレットが届きます。使用期間が切れたら返送するだけで良いという簡単なサービスです。