Skip to content

タブレットはレンタルとリースどちらが得?

タブレットは屋外に居ながらにしてもある程度の大きさの画面でスマホ以上に閲覧しやすいなどのメリットがあります。

しかしそれを自前で購入して使い続けるとなると長年の毎月の出費が気になるところです。

そこで自前で所有しないで借りた場合にいろんな意味で比較する必要があります。

そもそもこの2つの違いを詳細に把握しておかないと

そのタブレットを自前で購入しないで借りて使おうとした場合、レンタルリースの2通りが存在します。

しかしその2つの違いを詳細に把握していない場合は、詳細な違いを把握することから始めなければなりません。

まず前者は世間一般でいうところの借りることー賃貸あるいは賃借となります。

これは申込書に不備がなければ誰でも借りることができます。

借りる期間は業者によって違いますが、短いのだと1日から長いのだと2年以上など幅広く選択できます

対して後者の場合は面倒なことが発生します。

こちらの最大の面倒なことは事前の身元審査が要求されることです。

つまり誰でも借りることはできません。

事前審査はローンの審査に似たようなもので、その人の経歴や収入状況などを調べられてしまいます。

そのため申請した人の中には審査でアウトになることも珍しくありません。

そのため申し込みのやりやすさでは圧倒的に前者に軍配があがります。

機種選びでの視点でも考えておこう

次なる視点ではタブレットの機種選びとなります。

申し込みをできたとしても次の段階では希望する機種に巡り合えるか否かが焦点となります。

この場合だとレンタルはお店の在庫分のどれかしか選ぶことができません

その在庫分は基本的に中古なので最新の機種を使って試そうという野望は叶いにくいものだと理解しておかねばなりません。

これに対してリースだと希望する機種の新品が提供されます

希望する機種の新品が選べて使えるという点で機種選びの視点では後者に軍配があがることになります。

料金的にはどうなっているのかを調べること

最後に最も気になるのが契約月額料金となります。

しかしタブレットに関しては提供会社の多くがレンタルとなっていて、リースの名目で提供している業者はかなりの少数派となっています。

また提供価格も一部業者では法人専用プランなるものがあり、個人で契約できないのもあるので注意しないとなりません。

この場合は契約業者や機種や契約期間にもよりますが、5日で1500から2500円程度が平均相場的となります。

1か月になると安い機種で3000円から6000円程度になりますが、高い機種だと1万円を超えることも珍しくありません。

さらに長期契約で2年くらいになると1か月あたりでは2000円前後が相場となってきています。

 

機材を借りる場合はレンタルとリースの2つの選択がありますが、前者は申し込みやすくて短期契約に向いているのに対して、後者は身元審査があるので申し込みにくい何年もの長期をすると前者よりも安くなりやすい特徴があります。

しかしタブレットに関しては大半はほとんどはレンタルの名目で提供されていて、リース名目で提供している業者は少数派となっています。