Skip to content

法人携帯のレンタルは最低何日からレンタルできる?

法人携帯のレンタルは最低何日からレンタルできる?

 

法人携帯を用意したいけれど、そんなに長い期間は必要ないというときには何日からレンタルできるのかが悩みどころになります。
現状としてレンタル会社ではどの程度の期間から対応してくれるのでしょうか。
思い立ったときに気軽に借りられるように最低ラインを把握しておきましょう。

 

法人携帯のレンタルは一日から可能

法人携帯をレンタルする最低期間の設定はレンタル会社によって異なります。
しかし、業界での基本は一日からとなっているのが現状です。
長期間借りたいというときにもいつまでも対応してくれるというのが通例になっているので、期間を気にせずレンタルできます。
ただし、一日から可能かどうかはレンタル会社に念のため確認した上で相談を進めていくのが無難でしょう。
以前は一日からのサービスが行われていたわけではなく、今後も必ずしも継続されるとは限らないからです。
一日でも借りられるという認識を持って活用方法を考えられるようにしておくと用途が広がりますが、本当に使うときにはその都度確認を取ってみた方が安心です。

 

レンタル期間の定義を確認してから借りよう

特に短い期間で借りたいというときにはレンタル期間の定義について確認することが大切です。
一日だけ借りたいというときには借りた日のうちに返却手続きをしなければならないのが原則になります。
端末の受け取りのタイミングと、返却の仕方によって一日借りたときにもどのようにして使えるかが変わります。
店頭で全て行うときには店頭で受け取り、店頭で返すのでわかりやすいでしょう。
しかし、郵送や宅配によるやり取りがある場合には着日がいつになるのかを確認しておくのが大切です。
前日のうちに届くようにしてくれることが多いですが、当日に届く可能性もないわけではありません。
また、返却についても発送日なのか消印の日なのか、レンタル会社への着日なのかは確認が必須です。
もし着日なのであれば実質的には店頭で返却しなければなりません。

 

一日で借りたときに延長できる会社もある

短期間で借りたときにもし余計に使う必要ができてしまったという場合には大抵のレンタル会社は延長手続きを行えます。
一日で借りた場合にも対応してくれることが多いため、必要が生じたときにはまずレンタル会社に連絡してみましょう。

〇まとめ
法人携帯のレンタルは一日からできるようになっていて延長も可能なレンタル会社がほとんどです。
ただし、受け取りと返却の方法についてはよく確認した上で契約しましょう。
そのタイミングの定義によって借りたり返却したりする方法が限定される可能性があります。