Skip to content

wifiレンタルの安全性について:セキュリティは大丈夫?

wifiレンタルの安全性について:セキュリティは大丈夫?

今、多くの方が当たり前のように利用しているWifi。
1台で複数の機器と接続でき、テレビやパソコン、ゲーム機など家族が同時にWi-Fiを利用しても快適なネット環境を楽しむことが出来ます。
Wi-Fiを旅行中だけ使いたい、海外出張中の間だけ利用したいとなった時の新たなサービスとしてレンタルWi-Fiがあります。

レンタルWi-Fiは、当日貸し出しから30日間と使いたいだけ使用することが出来、インターネットから予約すれば自宅や空港、コンビニ受け取りなど好きな方法で受け取れ返し方もポストへ返却か空港へ直接返すなど好きな方法を選べて非常に便利です。
そんな便利なレンタルWi-Fi、セキュリティ面で不安に思った方はいませんか?

以前フリーWi-Fiを利用したところ、個人情報やパスワードに機密情報が抜き取られたという事件が多く、それ以降フリーWi-Fiを使用することを躊躇している人もいるでしょう。
では、レンタルWi-Fiではセキュリティ体制は大丈夫なのでしょうか?

 

レンタルWi-Fiを使用する際の注意点

レンタルWi-Fiの業者自体は、人気のお店を利用すればセキュリティがお店から抜き取られたという被害は少ないです。
問題はそのレンタルWi-Fiを使用する際です。
レンタルWi-Fiを使うと、通常はSSIDパスワードがパソコンとつながって私用することができる状態になります。

ところが稀にこの成りすましでレンタルWi-Fiが、悪質な人のパソコンに繋がってしまい、そのパソコンが同一のSSIDパスワードによる偽アクセスポイントで自分のパソコンと悪質な人のパソコンが繋がってしまい個人情報やパスワード、機密情報を抜き取るといった事件が起こります。

特に電車内や飛行機内でトイレへたった時、ハードウェアが取り換えられていないかチェックが必要です。

〇対策として
暗号化通信を行うことで安全性が高まります。
レンタルWi-Fiを利用して行うメールやファイルのやり取りは常に暗号化してやり取りするようにしましょう。
万が一機密情報が持ち出されてしまっても暗号化しておくことで外部の人間に中身を見られる心配はありません。

◆レンタルWi-Fiは簡単に設定が変更できる状態です。
設定次第では全ての通信が傍受される危険性があります。
レンタルWi-Fiは短時間で設定変更が出来るので、トイレ休憩のわずかな時間でも、決して第三者へ触れさせないように、しっかりと管理を行う必要があります。