Skip to content

タブレットを短期でレンタルするメリット・デメリット

タブレットを短期でレンタルするメリット・デメリット

貴方はもう普段の生活でタブレットを活用していますか?
今若者だけではなく幅広い世代から注目されているタブレット。
パソコンよりも薄くて軽いので、カバンの中に入れてもかさばりませんコンパクトタイプのワイヤレスキーボードを持ち歩けば、営業先でもスムーズにプレゼンが出来るということで今注目されているアイテムです。
このタブレット端末、1台数万円から10万円前後と価格も高く社内でどうにゅうすることを躊躇してしまう人いるでしょう。
そんな時に便利なのがタブレットのレンタルサービスです。

 

短期でレンタルをするとこんな事が

〇メリット
◆まずタブレットを短期レンタルするメリットは、イベントや講演会のみの仕様が出来るということです。
講演会やイベントも当日だけという場合や数日続くといった場合など日数もバラバラですね。
こういった短期間での使用は断然レンタルがお得です。

◆金額も5日間の使用なら2,000円でレンタル出来、1か月借りても5,000円前後とお得です。
この短期間のイベントのために数万払うよりもレンタルのほうが金額的にも安いです。
また、個人でタブレットを購入しようか迷っているが、使いこなせるか心配という人もまずはレンタルタブレットを利用してその使い心地を試してみるのも一つの方法です。

 

〇デメリット
ではデメリットは何でしょう。
◆期間限定ということもあり、大掛かりなプロジェクトを立ち上げるとなると日数的に厳しいでしょう。

もし海外出張で利用する場合は、海外SIMに対応している業者を見つけなければ利用できません。

短期間なので長期間よりも1日の利用単価が高くなってしまう事もあります。
長期間使用したい場合は、長期間の契約もしくは購入した方が安くなります。

 

ライフプランに合わせて契約しましょう

〇ポイント
タブレット端末を使用している方は今後ますます増え続け、レンタルサービスも増えるでしょう。

◆まずはタブレットを借りる際信頼できる業者を選ぶこともポイントです。
中には個人情報や企業の機密情報を抜き取る業者もいるので要注意です。

短期プランは5日・10日・15日とレンタル期間を細かく決めることが出来ます。

旅行中の観光案内で利用したい、急な海外出張でその間だけ利用したい、タブレットは欲しいがいきなり購入するよりまずはレンタルでその機能を試したいという人にはピッタリなサービスです。

タブレットをレンタルするなら「タブレン」「横川レンタ・リース」「ジャパン・エモーション」の3社がおすすめです。