Skip to content

タブレットを長期でレンタルするメリット・デメリット

タブレットを長期でレンタルするメリット・デメリット

今多くの人が所持しているタブレット。
スマホとタブレット2つを持ち歩いている人がいますね。
スマホは電話連絡用につかったり、タブレットで調べ物やワイヤレスキーボードを使えばパソコン代わりに様々な業務をすることが出来、非常に便利なアイテムとして個人から法人まで幅広く活用されています。
タブレットをいざ購入となった時、その値段の高さにびっくりしたことはありませんか?
最低でも数万円、最新式でいろんな機能が備わったものになると10万円するものもあります。
社内でタブレットを揃えるとなるとかなり金額も掛かってしまい、予算内に収まるか不安という人もいるでしょう。
そんな人にピッタリなサービスがレンタルタブレットです。

 

タブレットを長期借りるとどうなる?

〇メリット
まずタブレットをレンタルする最大のメリットは価格が安いということです。
実際「オリックス・レンテック」(タブレン)のホームページを閲覧すると、一番安いもので2年間契約すると月々税別1,740円で借りることが出来ます。
プロジェクト立ち上げから終了まで長く使いたい、仕事場でタブレットを利用したいが短期間よりもじっくりとその機能を体験したい、パソコンの半分の重量でもち運びも便利、様々なアプリが使えて良いという声があります。

 

〇デメリット
ではデメリットは何でしょうか?
例えば1,740円を24か月使用すると、41,760円です。
これだけ借りると、購入した方が安いこともあります。

◆レンタルということもあり、個人で買ったものなら壊しても自分で買いなおしとなりますが、レンタルの場合は壊したり紛失してしまうと、その分の費用を払わなければいけません。

◆また、期間限定の貸し出しであって長期間使用することが出来ません。
日常的に頻繁に使用するなら、レンタルよりも購入した方がいいのかもしれません。

 

使い方によってタブレットを選びましょう

日常的に頻繁にタブレットを使うなら、購入した方が安くなることがあります。
ですが、イベントなどで使用する場合や導入前の試運転で使用するだけなら、期間限定のレンタルタブレットがいいでしょう。
オリックス・レンテックなら万が一故障してしまったり返却時にデータを全て完全に削除したいという時もスピーディに対応するので安心です。

レンタルタブレットは今多くの方から注目されている新しいサービスです。
使い方が分からなくても、サポート体制が充実している業者なら安心して使うことが出来ます。