Skip to content

wifiをレンタルするための手順

wifiをレンタルするための手順

wifiを初めてレンタルするときにはどのような手続きをしたら良いのかと不安に思うことがあります。
借りるところから返却するところまで、全体の流れを把握しておきましょう。
全体像がわかっていると判断すべきポイントもわかりやすくなります。

 

レンタル会社と必要なサービスを決定する

wifiをレンタルするときにまず必要になるのがレンタル会社とプランを決めることです。
モバイルwifiにはいくつかのプロバイダがあり、それぞれがさらに複数の異なるプランを提供しています。
そのため、どのサービスが最もニーズに合っているかを確認することが必要です。
高速回線で対応エリアも広いと費用も高くなります。
また、通信容量が定められていて、それ以上の通信をしてしまうと低速回線になってしまうのが基本です。
そのため、どの程度の使用量があるのかを確認し、必要に応じて容量無制限のプランを選ぶことも必要になります。
レンタル会社によって取り扱っているサービスが異なるので、必要なサービスを決めたら、それを扱っている会社をまずは探すというのが基本です。

 

サービスに申し込んで端末を受け取る

wifiのサービスを申し込むのが次の段階です。
オンラインで申し込みできる場合が多く、プランや機種を選び、支払方法を選んだら申し込みは完了です。
支払方法はクレジットカードを利用するケースが多いですが、会社によっては銀行振込などにも対応しています。
この手続きを終えて初期費用を支払うと端末を受け取れるようになります。
自宅などの任意の場所に発送してもらうことができますが、海外wifiの場合なども考慮して空港での受け取りに対応している会社もあるので受け取り方法は個々に確認して都合の良いものを選ぶのが大切です。
端末を使用したら電源を入れれば使える状態になっているのが一般的です。

 

使用後は指定された方法で返却する

レンタルしたwifiを使用し終わったら返却します。
宅配便などの着払いで送り返せば良いという仕組みになっていて、宅配業社に渡した日が使用最終日としてカウントされるのが一般的です。
予約時に借りる日数を予め決めているときには、業者によっては前日までという計算をしてくれることもあります。
これで手続きは完了になり、後払いのときにはこのタイミングで決済が行われます。

〇まとめ
wifiのレンタルをするときには必要なプランやサービスを確認した上で、そのサービスを提供してくれるレンタル会社に申し込みます。
宅配してもらうか空港などで受け取ることができ、使用後は宅配便などで送り返すだけで良いので便利です。