Skip to content

レンタルしたタブレットが盗難にあったら?

レンタルしたタブレットが盗まれてしまった場合、どの様な対処法に出るのが良いのでしょうか。

今現在、実際に手元にないという状態なので、どういった手立てを取ることが最善なのか気になるところです。

思いがけないトラブルということなので、焦ったりもしやすいですが落ち着いて対処していきましょう。

 

まずは会社に連絡することが大切

まずはタブレットが盗難されたことを、借りている会社に伝える必要があります。

そのまま黙っていると最悪の場合、元々借りた人が返す気がないと受け取られてしまうので注意が必要です。

サイトの問い合わせ欄から電話を入れたり、なんらかの形で連絡を入れておくに越した事はありません。

また、会社によっては特定の時間に電話が繋がらないこともあるので、十分対応可能な時間帯を確認してからかけるようにしていきましょう。

 

入っている補償内容を確認することが大切

レンタルするときに契約したプランをもう一度見返してみる必要があります。

例として、タブレットが盗難にあったら罰金を取られてしまうのか、それとも申告するだけで大丈夫だったのか、もう一度自分が登録した補償内容を確認することですべきことも見えてきます。

小さな文字で細かく書かれていることもあるので、じっくり読んでいく様にしましょう。

また、手元に書類がないという場合においても、サイト上に注意文が載せられていることもあるのでそういった点も確認しておいて損はありません。

 

場合によっては端末代金を弁償しなくてはならない

ケースバイケースですが、場合によっては盗難された端末代金を支払わなければならない点も覚えておきましょう。

全額支払うケースや、三分の一だけで良いケースなど端末の機種によっても変わってくることがあります。

最新機種、ブランド名がある端末なら、いくらか支払う覚悟をしておいた方が良いでしょう。

もしその端末が古いものやノーブランドのものなら、そこまで大きな金額を支払われることを催促されることもないでしょう。

 

レンタルしたタブレットが盗難にあってしまった場合には、まずは借りている会社に連絡することが大切です。

その後に自分の補償プランを見返して、全額弁償しなくてはならないのか、それともそのままで良いのか確認してみる必要があります。

何故盗まれてしまったのかその時の状況などをこと細かく話すために、事前にメモなどで整理しておくと、会社の方とスムーズに連絡を取ることが可能です。

もし相手会社側から支払いを命じられたら、速やかに盗難分を受け持つ姿勢でいるのが一番です。

支払わない姿勢でいると、最悪の場合訴えられてしまうようなことにもつながるでしょう。