Skip to content

法人携帯レンタルに通信制限はあるの?

法人携帯レンタルに通信制限はあるの?

法人携帯をレンタルしたときにデータ通信データ通信で制限を受けるのかという疑問が浮かぶことがあります。
レンタルしたときにはデータ通信についてどのような契約になるのか、ガラケーの場合とスマートフォンの場合に分けて理解しておきましょう。

 

ガラケーの場合に標準的な契約内容

ガラケーの法人携帯をレンタルするときには標準として通話しかできないようになっている契約もあります。
ウェブを使えるようにするにはまずオプションを付けることが必要です。
その場合には通信料金は従量制になっていて特に通信速度で制限を受けることはありません。
もし料金がかさんでしまうのが気になるというのであれば定額制のプランを提供しているレンタル会社もあります。
ただし、会社によってはパケットを用意していてその枠内で通話と通信を行い、それ以上の通話量や通信量になったときに従量制で費用を払うというパターンもあります。
その場合でも基本的には通信制限を受けることはありません。

 

スマートフォンの場合には通信制限を受けるのが一般的

スマートフォンの場合には通信制限を受けるプランが標準的になっています。
契約するときにもともと一ヶ月あたりの通信量が決まっていて、それ以上になってしまうと通信制限を受けて速度が低下してしまうのが一般的です。
オプションでその容量を拡張できたり、追加料金を払うごとに容量を大きくできたりする場合もありますが、基本的にはスマートフォンのときには通信制限を受けると認識しておくと良いでしょう。
契約する前にどの程度の容量が必要かは見積もっておくことが肝心です。

 

契約プランを選べるレンタル会社を選ぼう

レンタル会社によって契約できるプランの内容には大きな違いがあります。
特にスマートフォンの場合には上限として設定できるデータ容量に大差があるので、大容量のサービスを利用したいときにはよく比較することが必要です。
また、法人携帯の場合にはデータ容量をシェアする形になるのが一般的ですが、個々にデータ容量を設定できるレンタル会社もあります。
契約する回線数が多い場合にはトータルで見ると個々に容量を決められた方がデータ容量を確保できる可能性もあるでしょう。
どちらが良いかをよく考えた上で契約するのが大切です。

〇まとめ
法人携帯ではガラケーをレンタルしたときには通信制限を受けることはありませんが、従量制か定額制かを選ぶ必要があります。
スマートフォンを使用するときには容量に応じて通信制限を受けることになるので、どの程度の容量が必要かに応じてレンタル会社やプランを比較検討して選ぶことが欠かせません。