Skip to content

タブレットレンタルに通信制限はあるの?


タブレットをレンタルして利用するときには通信制限を受けるのでしょうか。データ通信のあり方について、タブレットをレンタルした場合に法人契約で購入やリースして使っているときとは異なる点を理解しておきましょう。

 

 

タブレットはレンタルしてもデータ通信はできない

タブレットをレンタルしたらすぐに単独でデータ通信ができると考えてしまう人もいます。法人契約でタブレットを購入あるいはリースした場合には一緒にデータ通信の契約をキャリアと行っている場合が多く、そのまま使用できることもあるでしょう。

しかし、レンタルの場合には通常はそのような契約を行っていません。中にはデータ通信がパッケージ化されているタブレットもありますが、あまり一般的ではないのが現状です。そのため、通常はデータ通信をしようとしたときに何らかの方法で通信できるようにする手立てを取らなければなりません。

wifiに接続するのがデータ通信をする通常の方法

wifiに接続すればタブレットはデータ通信を行えるようになります。企業の場合には社内ネットワークができている場合が多いので、それを無線化してアクセスできるようにすればデータ通信が可能です。そこで通信量に制限をかけない限りは自由にデータ通信を行えます。

一方、出先ではフリーのwifiスポットなどを使ってデータ通信を行うことも可能です。この場合にもそのスポット側で何らかの制限を設けていない限りはどんな量でも通信できます。これ以外の方法としてポケットwifiを用意して通信する方法がありますが、この場合にはそのポケットwifiの通信容量に応じた制限がかかるので注意が必要です。基本的にはタブレットそのものではなく、アクセスしているネットワーク側の通信容量で制限を受けると理解しておきましょう。

simカードを手に入れて通信することも可能

格安simなどのsimカードを手に入れて使えばタブレットのみでも通信を行えるようになります。この場合の通信制限はsimを提供しているキャリアとの契約によって定まるので、契約内容を確認するのが大切です。格安simの場合には通常は通信制限があります。これはスマホにテザリングしているときも同様で、そのスマホに入っているsimのキャリアとの契約によって通信制限がかかるかどうかが決まります。

 

タブレットをレンタルしたらネットワークに接続しないと通信は行えないのが一般的です。そのネットワーク側によって通信制限がかかる場合があり、ポケットwifiやsimカードを使って通信している場合には制限がかかることが多いでしょう。