Skip to content

レンタルしたタブレットのOSをアップデートすることは可能?

タブレットはスマホに並んで便利な情報端末ですが、プロバイダーとの契約が煩わしいと感じる方もいます。

そんな方はレンタルサービスを利用して、簡単に端末を利用することができます。

好きなアプリやソフトウェアをインストールして活用することができますが、OSの更新はどうでしょうか。

一般に貸出されている端末にアップデータを適用するのは禁止されています。

以降ではアップデータのメリットとデメリットを確認した上、禁止されている理由を考察してみたいと思います。

タブレットのレンタルを利用する人も多い

タブレットは便利な情報端末であり、スマホに並んで多くの人が利用しています。

スマホのテザリング機能でインターネット接続できたり、海外ではwifi端末をレンタルして便利に使うことができます。

またアプリやソフトウェアをアップデートすることで、最新の機能や不具合対策用のパッチなどが導入できます。

もちろん音楽や動画など趣味を目的としたコンテンツをインポートして活用することも可能ですので、大いに楽しむことができるでしょう。

OSアップデートが可能な場合のメリット・デメリット

OSがアップデートされた場合に、導入したことによるメリットとデメリットを見ていきましょう。

最新のアップデートの告知を知ると、様々な機能の追加やバグフィックスに関する情報を得ることになります。

当然ながら新機能に関する情報には興味が湧きますし、不具合の解消がなされるとなれば、使用している端末にも適用したいと考えるのはもっともなことです。

しかし、最新のアップデートを適用する前に、よく考えて行動してください。

新機能は検証が尽くされていない可能性がありますので、適用したことによる新たな不具合が発生する可能性があるからです。

しかも現在愛用しているアプリケーションが、更新版では満足のいく動作をしない可能性もあります。

バグフィックの内容も同様です。

さらにメモリなどのハードウエアリソースをより消費するようになり、全体の動作スピードが低下することも懸念されます。

タブレットのOSのアップデートが禁止されている理由

レンタルした端末に搭載されているOSに、更新版を適用するアップデートは禁止されているのがほとんどです。

なぜなら先に述べたように、更新したことにより、良いことばかりではなく不具合が生じる可能性があるからです。

しかも、いったんインストールしてしまった後に、ダウングレードしようとしても難しいケースが多いため、不用意に更新することを避けたいという意向があるからです。

もし更新してしまうと返却後に、追加料金を請求されてしまう場合がありますので注意しましょう。

まとめ

タブレットの基本ソフトのアップデータを適用するのは、慎重にすべきことを見てきました。

特に貸出をうけているものは、勝手に更新すると後に追加料金が発生する可能性がありますので注意しましょう。

メリットだけでデメリットもありますし、ダウングレードもできませんので不用意な判断は損をするもとです。