Skip to content

wifiがないとレンタルタブレットは使用できない?

携帯端末のタブレットが必要になったとき、ずっと使い続ける予定なら、新たに購入したほうがよいでしょう。

しかし、短期間しか利用しないのならば、購入するのではなく、業者から借りてしまった方が費用を節約できます。

ただし、利用方法によっては、オンラインに繋ぐための機器が必要となるので、自身が何に使いたいかきちんと考えてから、必要なものを業者からレンタルしましょう。

 

オフラインでも使える機能はたくさんある

レンタル会社が提供してくれるタブレットの本体には、いろいろなアプリケーションが最初からインストールされていて、その中にはオフラインでも使用できるものが数多くあります。

電卓やテキストエディタや音声プレイヤーなどの機能は、ほぼ全機種に搭載されているので、それらを使いたいならインターネットは必要ありません。

オフラインで使える機能は、借りる機種によって違うため、最初に会社のホームページにて確認しておきましょう。

そちらに載っていないこともありますが、そのときは電話で問い合わせれば、借りたい端末にインストールしてあるアプリケーションを教えてもらえます。

 

オンラインに繋ぐとできることが増える

インストールしてあるアプリケーションの中には、オンラインに繋がなければまったく機能しないものもあります

例えば、インターネットでさまざまな情報を見るためのブラウザや、大手動画サイトを視聴するためのアプリケーションなどは使うことができません。

そのため、それらの動かないものを利用したいのならば、オンラインに繋ぐ手段としてwifiが必要になります。

ただし、端末によっては、アダプターを使って有線で繋げるものや、通信のためのSIMPカードを装着できるものもあります。

複数の方法が選択可能な端末もあるため、適切な方法でオンラインに繋いでしまいましょう

 

オンラインに繋ぎたいなら機器を借りよう

外に持ちだして使うのなら、屋外でもオンラインに繋げられる機器のレンタルをおすめします。

現在では、便利なwifiルータを借りられるサービスがあるので、必要な期間だけ借りてしまいましょう。

自分たちで揃えると、機器の購入やSIMカードとの契約が必要となり、時間も手間も費用もかかるのでおすすめできません。

 

タブレットはオフラインでも使えますが、オンラインに繋げることが前提となっているアプリケーションも多くインストールされています。

また、オンラインに繋げなければ、新しいアプリケーションのダウンロードもできないため、できることならばwifiが使える環境を用意した方がよいです。