Skip to content

wifiレンタルの容量はどれぐらい?

wifiレンタルの容量はどれぐらい?

wifiをレンタルしたときに通信容量の制限はどの程度なのかというのが疑問に思われるときもあるでしょう。
高速通信ができないと困るという人にとっては切実な問題になります。
レンタルしたときにはどのような設定になっているのでしょうか。

 

レンタルするときに選べる通信容量

結論から言ってしまえばwifiをレンタルするときには自由に通信容量を選ぶことができます
使用する端末と通信容量、借りる期間に応じて料金が定められているからです。
通信容量がほとんど必要ないという人は小さめ容量のプランを選んでレンタルすると安上がりになります。
逆に多少高くなっても大容量の方が良いという人はそれに見合ったプランのwifiを探せば良いという事になります。

 

通信容量の上限について知っておきたい三つのパターン

通信容量を自由に選べるのならよく考えてみようと比較検討を始めると、容量について多様な書き方がしてあってどれが良いのかわからないという状況に陥ることもあります。
大きく三つのパターンに分けて考えるとわかりやすくなるでしょう。
まず、一ヶ月あたりの通信容量について上限が定められています。
1GB、3GB、5GBといったものが典型的ですが、月間の通信容量について無制限となっているwifiもレンタル可能です。
月間の通信容量に上限がない場合には、代わりに三日間での上限があります。
連続する三日間で3GB以上になると通信速度が制限されるというのが一般的です。
そして、一ヶ月あたりの通信容量が決まっているときにもパターンを二つに分けられます。
・一つはその容量内であれば自由に使えるという仕組みになっているものです。
・それに対して、一日あたりまたは三日間で通信容量に上限が設けられているものもあります。
特に大容量のものではこのような上限が設定されているのが一般的な傾向です。

 

長期間と短期間のときで違う考え方

どの程度の容量のwifiをレンタルしたら良いかはどれだけ通信するかにもよります。
また、レンタル期間が長期間か短期間かによっても左右されるでしょう。
一ヶ月で上限が設定されているものを数日間だけ借りても上限に違いはありません。
数日しか借りないときにはその方が一日あたりで使える容量が大きいこともあるのでよく比較してから決めるのが大切です。

〇まとめ
wifiのレンタルをするときには容量は決められます。
月間の通信容量がどの程度必要か、三日間や一日での使用量がどの程度になるかを考えて選ぶのが大切です。
レンタルする期間が長いか短いかでも考え方を少し変えなければならないので、よく考えた上でレンタルしましょう。