Skip to content

タブレットをレンタルする用途とは?

法人携帯を利用できるようにする手段としてタブレットをレンタルする方法がありますが、どのようなビジネスシーンで活用できるのでしょうか。使えるシーンの候補を把握しておくと活用範囲が広がります。レンタルサービスを利用する意義を把握しておきましょう。

 

出張時のビジネスツールとして活用

出張に行くときにはタブレットはビジネスツールとして役に立ちます。営業の際には大量の資料を持ち運ぶ必要はなく、ウェブサイトやストレージなどにある情報を顧客に提示して営業することが可能です。タブレットなら画面が大きいので紹介する際にも相手にはっきりと見せられます。

通話機能もあるので法人携帯を導入していない場合には外勤の際の連絡手段としても有用です。タブレットのレンタルは申し込んだ翌日に発送してくれるサービスもあるため、急な出張でも使うことができます。レンタルの最短期間も自由度が高くなってきているため、短期でも長期でも対応することが可能です。

イベントの際にもツールとして有用

イベントを実施する際にもタブレットがツールとして役に立ちます。社員は全員タブレットを持っているというケースでもアルバイトを雇ったらその分だけレンタルで手配すると全員がタブレットを所持している状況で販促を行えます。

営業のための資料を予め格納しておいて使えるだけでなく、スタッフ間で通話やメッセージを使って情報共有を行える点で優れているツールです。事前セットアップに対応しているレンタルサービスを利用すると雇用するアルバイトの数が多いときにも容易に対応できます。

本格導入する前の検討にも活用可能

タブレットを社員に貸与して業務効率を上げている企業も出てきています。全社員というケースもありますが、営業担当だけといった形で外勤の多い社員に持たせて様子を見ることも少なくありません。

この際にレンタルを利用すると数日から数週間程度の期間で運用してみて、どれだけ業務効率化が実現できるかを検討することができます。本格的に導入してしまうと大きなコストになりますが、まずは少ないコストで確認を取って費用対効果を見積もることができるのが魅力です。

 

タブレットをビジネス目的でレンタルするシーンとしては出張やイベントなどの屋外での利用を想定できます。しかし、日常的に使用することで業務効率化を図れるかどうかを確認するために一時的にレンタルで導入するのも有用な方法です。短期間だけ借りられて、翌日には配送してもらえる会社もあるので多様なシーンで活用できるサービスとなっています。