Skip to content

NETAGE

次に紹介するのは、株式会社モバイル・プランニングが運営しているNETAGEです。店舗でのサービス対応は行っていませんが、ほぼ全国に対応しており、なおかつコストパフォーマンスの高さやサービス内容が充実しているため、今回のランキングに選出いたしました。

料金プランの安さにはかなり定評があるこの業者。たとえば、wifi端末のレンタルにおいて初期費用は0円、すなわち無料となっています。加えて、返却時の送料もかなりお得となっているのです。返却時にかかる費用は、どこであろうと均一で500円。沖縄だろうと北海道だろうと、追加料金が発生することはありません。返却は、本体と付属品を郵便局のゆうパケットサービス経由でポストに投函するか、宅配便で指定の住所に送ればいいだけなので、ちょっとした用事の途中でも手続きを行えるので、非常に楽な方法と言えるでしょう。

あえて欠点を挙げるとすれば、利用中の料金加算について。レンタルしている間は料金が自動的に加算されてしまいます。うっかり返却を忘れてしまったら、膨大なレンタル料金を支払うハメになってしまったということもあり得ない話ではありません。このNETAGEを利用する際は、返却を忘れないよう注意しましょう。

 

1日だけのレンタルが可能だから融通が利く

wifiというのは現代社会において必需品といってもよいですが、よくよく考えてみれば毎日必ず使うほどのものでもありません。とは言え、毎月1日ぐらいは、「wifi端末が無ければ困ってしまう」という日がいつかはあるでしょう。

そのようなときのために、NETAGEをフル活用しましょう。この業者であれば、わずか1日だけでもwif端末がレンタル可能となっています。ですので、旅先でどうしてもデータのやりとりが必要になってしまったり、所有しているスマホの通信量に制限がきてしまった際には、大きな助けとなってくれます。

手続きはネット上から可能。発送自体は平日に限りますが、17時までに申し込めば最短で翌日には発送されてきます。ホテルや会社、病院にも送ってきてくれるので、どこにいてもwifiの活用が可能です。

1日400円という破格の安さでキャリアの端末が使える

このNETAGEが好評の口コミを多く得ているのは、そのコストパフォーマンスの安さが大きな理由となっています。

もっとも安い「デイリープラン」の場合、最安なんと1日400円となっています。日常の費用に加算すれば、昼食のお弁当代より安くwifi端末を利用することが可能となっているのです。また、固定料金制の「マンスリープラン」であったとしても、1ヶ月あたり3000円での利用が可能。下手なキャリアと契約するより安く済んでしまいます。

使用可能な端末は全部で9種類。速度に特化したものや通信容量に特化したものなど、用途に応じて選び方は自由。自分のスタイルにあったものを選びましょう。さらに、ipadのレンタルも可能となっています。

故障や紛失も安心補償サービスがあれば大丈夫

レンタルwifi端末利用の上で避けて通ることのできないのが、故障や紛失の問題です。レンタル業者によっては端末を無くしたり壊したりしてしまった場合、莫大な違約金を支払うこととなってしまう可能性があるため、業者選びはこうした点も考慮して行わなければなりません。

そうした点に関しても、NETAGEはちゃんとフォローしてくれています。この業者が提供している「安心補償サービス」の契約を行えば、たとえレンタル中に故障や紛失といったトラブルが発生しても、償金の一部あるいは全額が免除されるのです。しかも、補償サービスにかかる料金は端末一台につき1日わずか40円。10日以上の利用であっても上限が400円と定められているので、それ以上支払う必要がありません。

安心と信頼のためにも、NETAGEを利用するのであればこの補償サービスを利用されることをおすすめします。